2015年10月23日金曜日

運命のパートナー(ソウルメイト)ってなに?



運命のパートナーのことをソウルメイトってよんだりします。


スピリチュアルなことが好きな人は、聞いたことがあるのかもしれませんね。

まずはソウルメイトってなに?ってところですが、
「生まれたときから出会うと決まっている相手。」宿命的な縁の人や運命の赤い糸なんて言ったりします。


・くされ縁、切りたくても切れないキョーレツに引合される縁。
・一緒にいると、落ち着いてなんとなくなつかしいような感覚。
・一緒にいるとなんでもうまくいく相手。
・一目ぼれではなく、徐々に好きになる。
・相手の考えてることがわかる。
・駆け引きしなくてもうまくいく。
・告白がいらない。

こんな感じの要素をもつのがソウルメイトを見きわめるポイントです。
しかし、そんなソウルメイトって私にもいるのかしら?とお思いでしょうが、すべての人に運命の人は存在します。


では、どうやって知るのか。というと、それはあなたの誕生日からホロスコープを作り、ソウルメイトがどんな人なのか、出会いはいつ頃なのか。予想することができます。


東京新宿で自分のホロスコープを見てもらえる場所。

運命の人って、なにも努力しなくてもいい相手とか、幸せにしてくれる相手。と思いがちだけど。

そーではありません。

むずかしい試練を与えてくるソウルメイト(カルマメイト)もいますし、必要な時期だけあらわれて、必要な時期が終われば去っていくソウルメイトもいます。
そして、必ずしも結婚するとも限りません。
しかし、それらもひっくるめてソウルメイトであって、あなたと縁の深い相手ということ。

出会いは、宿命ではあるけれど、縁を続けるのか終わらせるかはすべて自分の意志次第。


たいへんかもしれませんが、ソウルメイトだって無理やり縁を切ろうと思えば切れるんですよ。運命は、自分でつくるものですから。

ホロスコープで好きな相手をソウルメイトかどうかを判断するときに、前世の縁を見るのだけれど、この縁のつながりがないとすぐに離れていくことになったり、結婚までたどりつけなかったりすることが多いんです。

ソウルメイトとは、過去に何度も生まれ変わり一緒になって、過去に思い残したこと、やり残したこと、今回の出会いでその続きをやることになります。

過去に相手にしてきた行為を「カルマ」なんて言い方しますが、それが良いことも、悪いことであったても、過去に解決できなかったテーマを解決するためにお互い出会うことになるということ。
そんなソウルメイトにいつ会えるかは、あなたのホロスコープに記されているんですよ。



Keiko的、本物の愛を手に入れるバイブル 「出会うべき人」に、まだ出会えていないあなたへ